脂肪肝にはサプリが効果的?

脂肪肝の改善のために飲むサプリは、どれがいい?

何らかの原因で肝機能が衰えると、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝になります。

脂肪肝が増えている?改善のために試したいサプリ


sapuri

肝心要とは、人間の体の中でも肝臓と腎臓は生きていくために不可欠な臓器であることから生まれた言葉です。

しかし、健康診断などで血液検査を受ける人の約4分の1が肝臓の数値に異常がみられているのです。なぜこんなにも肝臓に何らかの異常を持っている人が多いのでしょうか?

肝臓の検査の数値に異常がみられる原因として挙げられるのは、まずはストレスの増加です。現代はインターネットなども普及し、大変便利な世の中になってきました。

しかし、便利な分時間の使い方や人とのコミュニケーションがうまく取れない人が増加し、ストレスとなって表れてしまうのです。

ストレスを発散させようとアルコールを飲んだり、やけ食いをする人がいますが、アルコールややけ食いは肝臓に負担をかける一番の理由になってしまいます。

ストレスをためないようにして、飲酒や暴飲暴食を避けることで肝機能は改善していくのですが、日常生活の中でうまく改善策をとれない場合にはサプリの活用も考えると良いでしょう。

肝機能を改善させる成分とは?

今はさまざまなサプリや健康食品などがずらりと並んでいて、自分一人でサプリを購入しに行くと、どのサプリが何に効果があるのかわからず、それこそ選べない状態です。

また、表記されている効果以外の効能を得ることができるサプリメントもたくさんあり、迷ってしまいます。そこで肝臓の働きをサポートしてくれる効果のある成分をご紹介しましょう。

■タウリン
滋養強壮剤などに多く含まれている成分で、人間の体を構成しているアミノ酸の一種です。心臓や脳、肺、筋肉、肝臓、目の網膜など重要な働きを行っている部分に多く含まれている成分でもあります。

自分の体内でも作られますが、量はごくわずかなため、タウリンを補うためには食品やサプリで摂取することが大切です。食品ではイカやタコ、カキなどに多く含まれています。

肝臓で作られる胆汁酸にはコレステロールの分泌を促進させる働きがあるため、血中のコレステロール値を改善させる効果があります。

また、肝臓はアルコールを分解しますが、アルコールの分解をサポートしてくれるのがタウリンです。そのため、アルコールの分解を促し、アルコールによる肝臓への負担をやわらげます。

さらに、過度な飲酒や暴飲暴食を続けていると、肝臓に中性脂肪がたまっていきますが、タウリンが中性脂肪を排出させる働きを行うため、脂肪肝を改善させることができます。

■オルニチン
肝臓には疲労の原因物質となっているアンモニアを分解して解毒させる働きがあります。このサイクルをオルニチンサイクルと呼んでいます。

サプリの中にオルニチンという成分が配合されたものがありますが、まさに、このオルニチンを摂取することによってオルニチンサイクルを活性化させ、肝臓の機能の衰えを改善させてくれるのです。

タウリンとオルニチン両方の成分を含んでいる食材がシジミです。そのためシジミを大量に食べれば肝臓機能に効果は表れますが、毎日シジミだけを大量に摂取するわけにもいかないため、肝機能を改善させたければシジミエキスを凝縮させたサプリがおすすめです。

■アルギニン、サポニン、セサミン
そのほか、アルギニンやサポニン、セサミンなどの成分も脂肪肝改善や肝機能の改善には効果があるので、肝機能が気になる人はこれらの成分が配合されているサプリを選ぶと良いです。

ただし、シジミエキスを配合しているサプリメントには鉄分が含まれています。健康な人には何の問題もありませんし、貧血の人であれば効果を感じることができるのですが、すでに肝機能が低下している場合には症状を悪化させることもあるので避けたほうが良いです。

サプリを活用しながら脂肪肝を改善する

kusuri2

人間の体の中の臓器の中でも様々な役割を果たしている肝臓。非常に重要な臓器だけに多少のダメージでは症状が現れることはなく、だるい、黄疸などの症状が現れるときには症状がかなり悪化していることが多いです。

そのため症状がないからと言って放置せず、定期的に健康診断などを受けて血液検査などで状態を知ることが大切です。

肝臓の機能が衰え、肝臓に中性脂肪がたまるようになると、動脈硬化をはじめとしたさまざまな生活習慣病などを引き起こす可能性が高くなります。

脂肪肝を放置すると肝硬変、肝臓がんと進行して死に至ることもあるので、早めに改善させる必要があります。

脂肪肝の改善には病院で治療する方法もありますが、病院へ行くほどひどい状態ではない、病院へ行っている暇がないという場合には、手軽に始められる改善策がサプリになります。

しかし、サプリメントは薬ではありません。あくまで足りない栄養を補う代用品であることを忘れないでください。

日常生活が乱れていれば効果を実感することは難しいでしょう。サプリを摂るだけでなく、日常生活を見直していくことも大切です。

脂肪肝の改善にはサプリ+生活改善

肝機能の低下が心配な人は検査数値に異常が出る前から対策を実行して予防し、肝機能低下が現れている場合には早めに対処することが大切です。

対処法はサプリが一番手軽に行えますが、それと合わせて日常生活を見直さなければ、なかなか改善に至らないことでしょう。

日常生活を見直すために必要なのは、まずは食生活の改善です。脂肪肝を改善させるには、タウリンやオルニチン、アルギニンやセサミンなどが豊富に含まれた食材を積極的にメニューに取り入れて、肝機能をサポートしてあげることです。

キーワード、まごはやさしい

key

中性脂肪を抑えるためにEPAやDHAなどが多く含まれた食材なども活用していきます。脂肪肝を改善させる食生活のキーワードは“まごはやさしい”です。

“ま”は豆類、“ご”はゴマ類、“わ”はわかめなどの海藻類、“や”は野菜、“さ”は魚介類、“し”はシイタケなどのキノコ類、“い”はイモ類を表していて、これらをバランスよく摂ることによって脂肪肝を食生活で改善していくことができます。

脂肪肝は肝臓に中性脂肪がたまっている状態ですが、肝臓に中性脂肪が蓄積しているということは、体のほかの部分にも中性脂肪が蓄積していて太っている可能性が高いです。

そこで食生活の改善と同時に行う必要があるのが運動です。脂肪肝の人はもともと運動不足の人が多く、運動といえば何となく億劫に感じる人も多いと思いますが、普段より歩く時間を増やしたり、少し早めに歩くだけでも良いのです。

自転車が好きな人は車の通勤を自転車通勤に変えるだけでも効果があります。1週間で150~250分、1日にすると30分~40分程度の有酸素運動をできるだけ毎日続けます。

有酸素運動は無理して行うことはありません。自分のペースでゆっくりとできる範囲で良いのです。

そして最後にサプリの活用です。どうしても日ごろは社会生活もあるため、なかなか自分のペースで食生活を改善させたり、運動を行うことは難しいことでしょう。

そこで、運動や食生活の改善のサポート的な役割として、肝機能をサポートする効果のあるサプリを上手に活用していくのです。

自分に必要な成分は事前に調べておく

脂肪肝になるのが気になる、血液検査などで中性脂肪や肝臓の検査数値が悪いといわれたなど、脂肪肝が気になる人は肝臓をサポートする効果のあるサプリメントを上手に活用するとよいです。

しかし、ドラッグストアなどのサプリコーナーには様々なサプリが並んでいて、脂肪肝によく効くサプリを選ぶのだけで疲れてしまいます。

脂肪肝は中性脂肪が肝臓に蓄積することで起こります。はじめのうちは自覚症状はまったくないため、軽く考えてしまいがちですが、症状が自覚できるまでになると手が付けられないほど悪化している場合があるので、予防するか症状が出る前に改善しておく必要があります。

では脂肪肝のために、安心して摂れるサプリを選ぶためにはどのようにしたらいいのでしょうか?サプリを摂る上での注意事項なども含めて、自分に合った脂肪肝サプリの選び方を探してみましょう。

安心して飲めるサプリを選ぶために

shiraberu

サプリは通常、有効成分の名前が付けられていて、何に効果があるのかなどは書かれていないことが多いです。そのため、脂肪肝にどんなサプリが良いのかなどはあらかじめネットやテレビCM、口コミなどから情報を仕入れておく必要があります。

脂肪肝に良いサプリの多くは、肝機能を改善させる効果や中性脂肪を減らす働きのあるサプリがほとんどです。しかし、主成分のほかに鉄分が混じっているサプリなどは肝機能障害や肝炎などの肝臓疾病がある場合、悪影響を及ぼすことがあるため、病気治療中の人は医師に相談してから摂るようにしてください。気になる人はメーカーなどに問い合わせてみましょう。

またメーカー選びは国内で製造販売を行っているところが安心で安全です。大手メーカーであればアフターフォローもしっかりしていて、使用している人の疑問や質問に答えたり、正しい使用方法などのアドバイスも行ってくれます。

購入前に問い合わせることで自社の商品を丁寧に扱っているメーカーかどうかの判断もできますので、迷ったらメーカーに問い合わせをしてみましょう。

サプリは効果が穏やかな分、副作用も少ないと言われています。特に脂肪肝の予防や改善のためのサプリは、ほとんどが食品から抽出されるものであるため、副作用の危険は少ないでしょう。

だからと言って効果を求めるあまり1日の摂取目安量を超えて、取り続けると返って肝臓に負担をかけてしまうので適量をしっかり守り、使用上の注意を守って正しく使用してください。

 

TOPへ戻る